面接の注意点(スタッフ〜シニアクラス)について

各社によって面接の方法は異なりますので、面接の対策についてはエージェントの担当者に確認することをお勧めいたします。一般的な面接なのか、圧迫傾向の面接なのかなど、事前に理解をしておくことで準備ができることも多々あります。

 

以下に記載をしているのは一般的な面接の中で基本的に聞かれる質問となります。

回答の仕方などで面接官に与える印象は大きく変わりますのでポイントをおさえておくと良いかと思います。

 

 

①退職理由は絶対に聞かれるので、ネガティブにならないように心がけましょう。

面接の時に間違いなく聞かれることと言えば、「前職を辞めようと思った理由」です。

もちろん、退職という選択をしているので、ネガティブな要素もあることは理解できるのですが、面接官側の思考からすると、そのネガティブが同様に自社でも起きる可能性がある場合、通過のジャッジをしづらくなることは想像しやすいと思います。

 

ですので、前向きな理由を事前に考えておくというのも一つのポイントです。もしも前向きな理由が見つからない場合には、お気軽にご相談ください。

 

 

②福利厚生や残業時間などを聞くときは少し気をつけましょう。

 

福利厚生や残業時間は気になりますが、゙面接時に環境面を気にしすぎると事業への興味がないのかと思われてしまうことがありますので、条件面談などの際に確認することがおすすめです。

 

内定通知が出たあとでも、部署の部長や同チームの方との面談などを組み、具体的なイメージをしていただくなどの方法も企業によっては対応していただけますのでご安心ください。

 

 

 

③5分でも良いので企業研究をしてから面接に臨みましょう。

 

面接される企業のホームページや事業内容、可能であれば会社の方向性(ヴィジョンなど)の記載があれば、目を通しておくと良いでしょう。

 

多くの企業の面接に進まれていると、どのような企業だかわからずにご面接をされる場合も出てくると思いますが、企業側に興味がないのでは?と思われてしまうと勿体無いので、大まかな概要を掴む程度の知識は事前にいれておきましょう。

 

 

 

④質問を用意しましょう。

 

「何か質問はありますか?」という質問も、退職理由と同じぐらい頻出する質問です。

面接の最後に面接官からほぼ間違いなく聞かれると思いますので、最低でも1つは用意しておくと良いでしょう。

面接内の企業説明に質問の答えかあった場合には、「聞きたいと思っていたことを先ほど丁寧にご説明頂いたので問題ありません。」というようなお伝えをすればスムーズに進むと思います。

 

 

 

⑤自信を持って臨んでください

 

書類選考に通過されているということは、企業側が興味を持っているということです。印象も含めて大事になってきますので、明るく時には笑顔も交えながらご対応いただき、自信をもって回答することが重要です。

マネージャー層などの幹部クラス面接については、より細かなポイントや業界に関する知見、今後の展望なども含め確認をされる可能性がありますので、各社の研究など更に確認することをお勧めいたします。

同じカテゴリの記事

  • ≪各社の特徴・強みを鑑みた分類≫

    ≪各社の特徴・強みを鑑みた分類≫

  • 面接対策資料

    面接対策資料

  • 税理士法人・会計事務所業界マップPick Up

    税理士法人・会計事務所業界マップ

  • その他の新着記事

  • 中小会計事務所から大手会計事務所へ

    中小会計事務所から大手会計事務所へ

  • 面接対策資料

    面接対策資料

  • 面接の注意点(スタッフ〜シニアクラス)について

    面接の注意点(スタッフ〜シニアクラス)について

  • 一覧に戻る